「第50回年次技術報告会」(主催 地盤工学会北海道支部)で研究成果を発表します


平成22年2月1日〜2日に北海道大学学術交流会館で開催される標記報告会において、研究成果を発表します。発表は以下のとおりです。

2月1日

異なる養生温度条件下でのセメント改良泥炭の強度発現傾向
橋本 聖
直接基礎の設計および試験の確認方法の提案
福島宏文
泥炭の動的変形特性に関する検討
林 宏親
道路側溝における環境に配慮した浸透側溝の検討
安達隆征
大型土のうを用いた凍結脱水実験について
佐藤厚子
冬期におけるトレンチャー式撹拌工法の試験施工
梶取真一

2月2日

自然地盤および複合地盤における杭基礎の地盤反力特性評価
冨澤幸一
深礎杭の周面抵抗力に関する実証的評価
江川拓也

Link



[▲寒地地盤チームTOP] [▲寒地土木研究所TOP]